Windows8+SSD

Windows8が発売したということで、早速WinVista/Win7からアップグレードしてみました。

元の構成は

CPU:AMD PhenomII X4 905e 2.5GHz(4コア)

Mem DDR2 8GB

HDD Hitachi HDT721010SLA360

GPU:Radeon HD5770

です。

いざ入れてみたところ、Winメニューがないなど違和感はあるが、案外使いやすい!

・・・ということもなく、そもそもWindowsストアやIE10など、メトロUI(タッチパネル用の新しいUI)向けのソフトを起動しようとすると10分近くかかります。

Webページ見るのに10分

Winストアの初期画面にいくまでに数分

これでは作業どころではありません。

原因を探るべく調べてみたところ、常にHDDアクセスが100%になっているのが気になったため、

今はやりのSSDを導入してみました。

Intel SSD 330 Series Maple Crest 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT240A3K5

 

Hitachi HDT721010SLA360.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでのHDDのベンチマークがこれです(Hitachi HDT721010SLA360 1TB)

Win8に併せて、CrystalDiskMarkも限定版にしてみましたw

SSDの結果がこれです

 

IntelSSD.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速度が大幅に上がって、Windows8自体も別次元の早さで動くようになりました。

Windows Experience Indexも5.4から7.1に上昇。これで律速がCPUになりました。

 

はっきり言えるのは、Windows8+HDDはまともに使えませんが、Windows8をきっかけにSSDを導入してみてはいかがでしょうか。