ReadyNAS 316 -ベンチマーク編-

さて、ReadyNAS316を購入してしばらく使ってみたわけですが

ふと思い立ち、ベンチマークを取ってみました。

今回は以前から使っている、ReadyNAS Ultra4とのベンチマークです。

さて、重要なHDDのスペックは以下の通りです

ReadyNAS 316 (2TB*6 RAID6)
  1. Hitachi HDS722020ALA330 2TB 2009-
  2. WDC WD20EARS-00MVWB0 2TB 2012-(RMA済み)
  3. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/11/15-
  4. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/10/13-
  5. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/10/13-
  6. WDC WD20EFRX-68AX9N0 2TB 2013/10/13-
ReadyNAS Ultra4 (3TB*4 RAID5)
  1. WDC WD30EZRX-00MMMB0
  2. Seagate ST3000DM001-9YN166
  3. Seagate ST3000DM001-9YN166
  4. WDC WD30EZRX-00DC0B0

特段どちらかに低速なHDDが偏っているわけではありません。

強いて言うならReadyNAS 316の1が古いといったところでしょうか。

ベンチマークはhdparm -t デバイス名で行い、

各HDDに対しては1回、RAIDディスクに対しては3回行いました。

さて、結果ですが
先ず各々のHDDの結果
読み込み-デバイス毎.jpg

全体的にReadyNAS Ultra4に載っているHDDの方が高速となっています。

特にsdcの

Seagate 3.5inch 3.0TB ST3000DM001/N が高速です。とはいえ試行回数が1回なのではっきりとはわかりません。
次に全体のベンチマークです
読み込み-total.jpg

ReadyNAS316はRAID6でハンデがあるにもかかわらず、ReadyNAS Ultra4に比べ50MB/secほどの大差を付けて高速になっています。

やはりCPU,メモリの効果が生きているんでしょうか

ReadyNAS+SoftEther

ReadyNASのアプリに、VPN Serverと言う名のSoftEther Serverがあります。

これまではOpenVPNを使ってきましたが、今回ReadyNAS Ultra4とReadyNAS 316の相互バックアップの経路としてSSLの暗号化を掛けたかったので

最初から用意されているSoftEtherにチャレンジしてみました。

ネットワークの構成は

NETWORK1 192.168.A.0/255.255.255.0

Router 1——-ReadyNAS 316(eth 0+eth 1)

NETWORK2 192.168.B.0/255.255.255.0

Router 2——-ReadyNAS Ultra4

このような状態でUltra4から316にSoftEtherのVPNを引いて、rsyncを使って定期バックアップをすることとしました。

今回VPN Serverは316なのでServer側でSoftEther Serverの設定をします。

Server管理ツールという便利な物があるので、これを使わせてもらいます。

細かな設定は割愛しますが、設定はOpenVPNに比べても楽だと感じました。

さて、316とUltra4を繋ぐネットワークはできましたが、

Ultra4からNETWORK1のパソコンやそもそも316が見えません。

Ultra4からRouter1配下の他のパソコンが見えないのはわかりますが(316から先へのブリッジが要ります)

316が見えないのはちょっと謎です

まぁさておき、おとなしく本家のおすすめの通り、ローカルブリッジを作ります。

eth1を割り当てましたが、注意することがあります。

eth1とVPNをブリッジする際には、eth1のプロトコルスタックを無効化して下さい。

これはReadyNAS管理画面からはできません

SSHをオンにして

でうまくいくようになります。

これをやるとやらないとでは安定性が全く違うので注意して下さい

(通信できなくなることがありました)

ReadyNAS316セットアップ-HDD故障編-

先日お伝えしたReadyNAS 316の初期化ですが、

やはり300時間かかるのはおかしい(というか、待ちきれない)

ということでsshをonにして調べてみました。

cat /proc/mdstat

してみるとこんな感じの画面が出ます

これは対処した後なのでsdc*にF(Fails)マークがついていますがこの時はまだついておらず、

残り時間が300時間ほどでした。

hdparm -t /dev/sdc

などでアクセス速度を調べてみると、sda,sdb,sdd-fは120-130M(Bytes/sec)程度の速度が出るのですが

sdcだけは1MBytes/secも出ていません。

決定的なのはsmartのshort testの結果が返ってきません・・・

やっぱり壊れてたOrz

物理的に引っこ抜けば一番なのですが、このReadyNas、遠隔地にあるため触れません。

そこでmdadmから無効化してみましょう。

まずdfでどのパーティションがどのRAIDドライブを使っているのかを確認します。

md127が最大容量のディスクとして使われていますね。

md127にsdc3、md1にsdc2、md0にsdc1が使われていました。

そこでmdadmコマンドで故障扱いにします。

これでRAIDからsdcが取り除かれました。

先ほどから出している画面です。

sdc*にF(Fails)マークがついているのがわかりますね。

この結果、初期化時間は30時間ほどまで短縮されました!