UHS-I対応SD購入

本ブログで以前白芝のベンチマークを取ったことがありました。

あの際結構な枚数のSDカードを購入したので、その後しばらくSDカード購入はしていませんでしたが、

電子シャッター対応のNikonV1を買ったこともあり、新たに購入してみました。

ネットで調べていると、昔の白芝のようにこれを買っておけば間違いないといったものは存在しないようです。

内部のチップもSLCはほぼ姿を消し、MLC/TLCの時代になっているようで、まさに隔世の感がありますね。

さて、今回買ったのはSanDisk Extreme Pro SDHCカード UHS-I Class10 32GB です。

UHS-I、Class10対応の読み込み書き込みともに90MB/sec対応をうたうSanDiskの高級モデルです。

2013-12-30 15.09.48.jpg 2013-12-30 15.09.56.jpg

僕が買ったのは国内正規版ではないので、英語での説明になります。

さて、気になるベンチマークです。

いつものCrystal Disk Markを使用します。

【Amazon.co.jp限定】SanDisk Extreme Pro SDHCカード UHS-I Class10 32GB (無期限保証)[国内正規品] SDSDXPA-032G-JAZSanDisk_ExtremePro_32GB.png

 このような結果となりました。

Seqのwriteが少し90MBpsに足りませんが、誤差の範囲内でしょう。

比較のために白芝の結果を乗せておきます。

東芝 SDHCカード 16GB 日本製 クラス10 TOSHIBA Class10 海外向けパッケージ品 並行輸入品WA-16GB.JPG

 当然と言われればそれまでなのですが、SanDisk Extreme Proの方が段違いに速度が速いです。

自分自身、白芝を持っているからまぁ良いだろうと思っていた面もあったのですが、ここまで速度の差があると買い換えるのもありかもしれませんね。

Nikon V1もNikon D7000もUHS-Iに対応しているのでRAW連写などでその真価を発揮してくれそうです。

緑芝も買ったのですが、そのベンチは次回紹介します。

メモリーカード購入

先日買ったNikon D7000用にメモリーカードを購入しました。
2ch等で調べた結果、白芝と呼ばれる東芝の海外向けSDカードの32GBを購入。

これまでのカメラではメモリでよくお世話になっているTranscendを使っていたのですが、
案外白芝が安かったのと、Transcendばっかりはそろそろ飽きた・・・ので白芝に決めました。

メモリ買ったらベンチとるっきゃ無いっしょ(^_^)v


ということで手元にあったTranscend SDHC 8GB(Class6) , 同社 SDHC 16GB(Class10),Toshiba SDHC 32GB(Class10)の比較をしてみました。


ちなみにそれぞれ made in Korea,Taiwan and Japanと三者三様ですw

三つを並べてみました。

それではベンチ結果を

TOSHIBA SDHCカード 32GB Class10 SD-T32GR6WA2

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 TS16GSDHC10E

Transcend SDHCカード 8GB Class6 永久保証 TS8GSDHC6E

結果としては予想通りでToshibaClass10 > Transcend Class10 >>> Transcend Class6となりました。

D7000のスロット埋めるために32GB*2買っちゃったんで、しばらくはSDカード要らないかも