Libre10をmac OSで使う

先日からlibre10のインストール周りを弄っていて、

なんとかhomebrew越しではありますが、MacOSXでlibre10(server)が動くようになりました

追記(14/12/20): 今はdocker上で動かすという手もあります。

1.homebrewのインストール

http://brew.sh/index_ja.html などを参考に、homebrewをインストールします。

2.リポジトリ(と言って良いのか?)の登録

これでlibre10のgithubリポジトリが登録されます。

3.インストール

これで依存関係共々インストールされるはずです。

4.サービスの起動

これでlibre10-solrとlibre10がバックグラウンドで動き始めました。

サービスの起動は本体の再起動のたびに行う必要があります。

5.実際にアクセス

それでは実際にアクセスしてみましょう。

実機上で http://localhost:8000へアクセスしてみてください。

6.ユーザーの追加

画面の表示に従ってユーザーを追加、ログインしてください。

7.pdfの追加

下の画面が検索画面になります。

libre10-1.5.0top

それではまずpdfを追加してみましょう。

設定画面(5番の歯車アイコン)を押して、managerへ移動、

uploadからpdfをアップロードします。

 

8.pdfのインデックス

をコンソールで実行、しばらくインデックスされるのを待ちます。

9.検索

以上で設定は終了です。実際に検索してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です