テンプレートからMVVMへ

久しぶりにHTML欲がわいてきたので、Libre10のHTMLを見直そうといろいろ探していたところ、

Knockout.jsというエンジンを見つけました。<日本語本家>

これまでLibre10ではCGI側でテンプレートエンジンを用いてサイトを作っていたのですが、

それでは動的変更が難しくなる、可読性(私が言えた話では無いですが)が良くないと言うことで何とかしたいと思っていたところでした。

しかしサーバーでHTML直書き→HTML+高度?javascriptでjson受け渡しはかつてrec10のwebページでかいとことがありました。

その際はdojoを使って書いたのですが、見た目は良いものの私では扱いきれず、ごちゃごちゃとしたソースになってしまい、

結局友人の書いてくれたcgi html直書きに破れ、そのまま消えていった記憶があります。(というか三年前のログに残っています)

しかしLibre10ではスタイルは既にBootstrapに投げており、あとはテンプレートエンジンだけで良いのと

あれから既に3年が経過しているため、私、世界共々進化している可能性が高い!?と考え、再度チャレンジしてみました。

グーグル先生に伺ったところ、MVVMを実装するためのフレームワークとしては、

Angular.js Backbone.js Knockout.js の3つが有名のようです。その中では特にAnglular.jsが注目されているようですが、

最も学習コストが低いという噂を耳にしたため 軽量で無くては困るため、Knockout.jsを使うこととしました。

実際使ってみると、.tmplを少々書き換えるだけで使える & エディタでエラーにならないため本当に学習コストは低そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です