ReadyNAS 316 -ベンチマーク編-

さて、ReadyNAS316を購入してしばらく使ってみたわけですが

ふと思い立ち、ベンチマークを取ってみました。

今回は以前から使っている、ReadyNAS Ultra4とのベンチマークです。

さて、重要なHDDのスペックは以下の通りです

ReadyNAS 316 (2TB*6 RAID6)
  1. Hitachi HDS722020ALA330 2TB 2009-
  2. WDC WD20EARS-00MVWB0 2TB 2012-(RMA済み)
  3. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/11/15-
  4. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/10/13-
  5. WDC WD20EFRX-68EUZN0 2TB 2013/10/13-
  6. WDC WD20EFRX-68AX9N0 2TB 2013/10/13-
ReadyNAS Ultra4 (3TB*4 RAID5)
  1. WDC WD30EZRX-00MMMB0
  2. Seagate ST3000DM001-9YN166
  3. Seagate ST3000DM001-9YN166
  4. WDC WD30EZRX-00DC0B0

特段どちらかに低速なHDDが偏っているわけではありません。

強いて言うならReadyNAS 316の1が古いといったところでしょうか。

ベンチマークはhdparm -t デバイス名で行い、

各HDDに対しては1回、RAIDディスクに対しては3回行いました。

さて、結果ですが
先ず各々のHDDの結果
読み込み-デバイス毎.jpg

全体的にReadyNAS Ultra4に載っているHDDの方が高速となっています。

特にsdcの

Seagate 3.5inch 3.0TB ST3000DM001/N が高速です。とはいえ試行回数が1回なのではっきりとはわかりません。
次に全体のベンチマークです
読み込み-total.jpg

ReadyNAS316はRAID6でハンデがあるにもかかわらず、ReadyNAS Ultra4に比べ50MB/secほどの大差を付けて高速になっています。

やはりCPU,メモリの効果が生きているんでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です