ReadyNAS316セットアップ-HDD故障編-

先日お伝えしたReadyNAS 316の初期化ですが、

やはり300時間かかるのはおかしい(というか、待ちきれない)

ということでsshをonにして調べてみました。

cat /proc/mdstat

してみるとこんな感じの画面が出ます

これは対処した後なのでsdc*にF(Fails)マークがついていますがこの時はまだついておらず、

残り時間が300時間ほどでした。

hdparm -t /dev/sdc

などでアクセス速度を調べてみると、sda,sdb,sdd-fは120-130M(Bytes/sec)程度の速度が出るのですが

sdcだけは1MBytes/secも出ていません。

決定的なのはsmartのshort testの結果が返ってきません・・・

やっぱり壊れてたOrz

物理的に引っこ抜けば一番なのですが、このReadyNas、遠隔地にあるため触れません。

そこでmdadmから無効化してみましょう。

まずdfでどのパーティションがどのRAIDドライブを使っているのかを確認します。

md127が最大容量のディスクとして使われていますね。

md127にsdc3、md1にsdc2、md0にsdc1が使われていました。

そこでmdadmコマンドで故障扱いにします。

これでRAIDからsdcが取り除かれました。

先ほどから出している画面です。

sdc*にF(Fails)マークがついているのがわかりますね。

この結果、初期化時間は30時間ほどまで短縮されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です